ライオンのお洗濯マイスターに聞いた、正しい洗濯の仕方

ライオンお洗濯マイスター山縣 義文さん

洗剤、石鹸、歯磨き粉などのトイレタリー用品はもちろんのこと、医薬品や化学品まで手掛ける大手メーカーの「ライオン」。

じつはこのライオンには「お洗濯マイスター」と呼ばれる、洗濯のプロフェッショナルが在籍しており、日々の洗濯が楽しく、そしてより効果的に、快適になるよう技術に基づいたノウハウを広めために活動されています。

“洋服を消耗から愛着に変える”

という想いを持つファクトリエとして、長く大切に洋服を着るために正しい洗濯方法を「お洗濯マイスター」に学びたい!

ということで、家庭向けおよび業務用洗浄剤の研究・開発に約30年従事されているまさに洗濯のプロである、ライオンの山縣 義文さん(やまがた よしふみ)にいろいろ聞いてきました。

ファクトリエ銀座店でのお洗濯マイスターによる講座

今回はその内容を一部紹介します。(先日銀座店にて開催した様子をもとにお伝えします)

厄介なボールペン汚れは、ランチタイムがベスト!?

たとえば、シャツの汚れで厄介なボールペン汚れの落とし方。
これを知ってるだけで気持ちの落ち込み具合を抑えることができます。

どうすれば汚れが落ちるのか。

その答えは、

なんと「ご飯粒」。
ご飯粒を使用して汚れを落とすのです!

梅干大のご飯粒を用意しそれに液体洗剤を数滴混ぜます。

出来上がった「ご飯粒洗剤」をボールペン汚れに擦り込み、プラスチックスプーンやヘラで再度ゴシゴシ擦ります。

すると・・・・・・・・・・見事にボールペン汚れが落ちます。

シャツについたボールペンの落とし方

(この光景にイベント参加者の皆様もさすがに、とても驚いていらっしゃいました)

そのほかにも、汚れをしっかり落とすコツは、

1.できるだけこまめに洗濯する。まとめ洗いをしない
2.目立つ汚れがあれば前処理する
3.詰め込み洗いはしない
4.洗濯ネットを上手に使う
5.汚れをしっかり落とす洗剤を使う

という5つ。

では今回はこの中でも間違いだらけの「洗濯ネットの使い方」をご紹介します。

洗濯ネットは小・中・大、どれを選ぶのが正解?

洗濯ネットの正しい選び方

汚れを落とすには洗濯洗剤の選び方やこまめにお洗濯をすることも大切ですが、「洗濯ネット」を正しく使うことも大切です。

使用するネットは衣類に適したサイズを選んでください。

シャツだと30cm×30cmの中くらいのものがベスト。

洗濯ネットの大きさで効果が違う

(洗濯ネットの大きさでこんなに効果が違います・・・)

そして、ネット一つにたいして一つのお洋服を入れるのが理想。

ここでポイントなのは、「畳んで入れる」ということ。

ついつい一つのネットにお洋服を詰め込んでしまいがちですが、グラフにあるようにネットの大きさによって汚れの落ち方が違います。

面倒くさく感じるかもしれませんが、畳んで入れることでシワが付きにくく、アイロンをかける手間が省けます。

洗う前のちょっとした工夫が、あとの工程を楽にしてくれます。

ちょっとした工夫でシワ防止

シワ防止の裏技

また、シャツをネットに入れずに洗濯する際には写真のように、両腕を前ボタンの場所に固定すると袖が絡まりにくく、しわが付きにくいという裏技も!

洗濯前後の準備が明暗を分ける

ちなみに、衣類の洗濯表示が変わったことはご存知ですか?
お洗濯は、洗濯機だけに頼るのではなく、洗濯をする前後の作業がとても重要になってきます。

お洗濯前には絵表示を確認し、お洋服にあったお洗濯方法でお洗濯してください。
それにより、お洋服の縮みや色落ちなどを防ぐことができます。

洗濯表示をチェック

2016年12月から、日本規格(JIS)から国際規定(ISO)への流れより、世界に合わせた新しい取り扱い絵表示に変わりました。

絵表示が22種から41種になりより細かな表示になり、シンプルな絵表示になるなど、今まで以上にお洗濯方法の見分けが難しく混乱してしまっていることもあると思います。

そんな混乱したときに私がいつも使っているのが、(というよりも山縣さんに教えてもらったのが)ライオン公式アプリ「これ洗える?」です。

これがなかなかわかりやすいです。
絵表示はもちろん、家の洗濯機で洗えるかどうか、また表示にあった洗剤や、洗い方などを教えてくれます。

一人暮らしの方や、主婦の方にも、とても役立つアプリです。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

これからも生活に便利な情報をお届けしてまいります!

羽田野

#タグ

関連の記事

Follow Me!