季節の変わり目コーディネート~涼しさはそのまま、秋らしさを取り入れる方法~

こんにちは。

星が丘テラス店 店長の深井です。

今年の夏は名古屋で史上初の40℃が観測されるなど、例年とは比べ物にならない暑さにまいってしまいますね。皆さま夏バテされていませんでしょうか?

もうTシャツしか着たくない!という声もきこえてきそうですが、やはりおしゃれをする上では季節も大切にしたいところ。

8月の終わりから9月にかけての服選びに毎年悩まれている方、涼しさを優先して本当はしたいおしゃれをあきらめている方もいらっしゃるかと思います。

私自身、「夏の服装にも飽きたし、秋らしい恰好がしたい!」とはりきって長袖を着て出先で汗だくになったり、周りから浮いてしまったりという苦い経験をしたことがあります・・・.

そんな私が行きついた、

涼しさはそのままに、一足早く秋らしさを取り入れる方法

を2つご紹介します!

秋らしさポイント①
「小物の素材を変える」

服装はそのままでも、合わせるバッグや靴の素材を変えるだけでも結構印象が変わります。下の写真①と②を見比べてみてください。

【写真①】

半袖ニット&チノパンのコーディネートに、帆布のトートバッグとホワイトのスニーカーを合わせた軽く爽やかな印象のコーディネートです。

【写真②】

バッグをレザーのものに変えて、さらに靴を茶色のビットローファーにすることで重みのあるシックで秋らしい雰囲気になります。

秋らしさポイント②
「色味を変える」

2つ目のポイントはカラーです。全く同じ素材&形のジーンズでも、色の暗いものを選べばそれだけでグッと落ち着いた印象になります。

【写真①】

明るい色のブルージーンズと白のTシャツで、これぞ王道!夏のシンプルコーデです。真夏はこれくらいサッパリしたコーディネートも素敵ですよね。

【写真②】

ジーンズの色をインディゴにチェンジ。さらにスカーフで首もとにもダークカラーを差しました。スカーフは肌の見える分量を調整する効果もあるので尚更GOOD!ぜひ取り入れていただきたいアイテムです。

■合わせる小物の素材を、革などの重厚感のあるものにする
■服そのものの色をダークトーンにする

このたった2つのシンプルな心がけで、
真夏のスタイルからどこか秋を感じるシックなスタイルに変身します。

まだまだ暑い日は続きそうですが、せっかく四季のある日本。四季折々のファッションを楽しんでいただけるヒントになれば幸いです。

#タグ

関連の記事

Follow Me!