【5/26(土) 名古屋店にて開催】老舗革靴専門店マドラス×ファクトリエ

ファクトリエでは、「世界に誇る日本のものづくり文化」に触れ、「良いものを大切に長く使う」というライフスタイルを感じていただける場として、ものづくりカレッジを開催しております。

今回はファクトリエのレザースニーカーを手掛けるマドラス株式会社 本社工場から工場長と革靴職人をお招きし、ファクトリエ代表山田がモノづくりの背景を伺います。

老舗革靴メーカーマドラス。
もとは大正10年(1921)に亜細亜製靴株式会社として創立され、米国よりグッドイヤーウェルト式製靴機械を輸入、
その後ドイツ、イギリスから最新式製靴機械を導入するなど、常に時代の先端の技術を取り入れ発展してきました。

1965年、豊富なデザインと格調の高さ、そして洗練された機能性で世界を常にリードしていた、イタリア・マドラス社との技術提携に成功。本場イタリアの靴づくりを研究し、技術の習得・向上はもちろん、マドラスの靴づくりに新たな技術が生まれました。
イタリアからの技術を取り入れながら、日本の気候風土、あわせて日本人の足や体格にふさわしい機能、履き心地を開発し続けています。

■第1部「マドラスのものづくりへの想い」

マドラスの本社工場 工場長の松浦氏に、イタリアの製靴技術を日本のものづくりに落とし込んだ
マドラス伝統の革靴づくりとそのこだわりについて、ファクトリエ代表山田がお話を伺います。
■第2部「靴のなりたち講座」&職人から教わる革の染色体験

マドラス本社工場の職人が、革靴の成り立ちを解剖、解説。
解説を聞いた後は革のしおり作りのワークショップをします。
実際に工場で行われている革に色を刷り込む作業を職人から教わりながら体験していただきます。

◆開催店舗と日時
星が丘テラス店
5月26日(土)
19:30~21:00(19:15開場)

◆定員
20名
◆参加費
1500円

◆スケジュール
19:15 開場
19:30 第1部開始
20:20 質疑応答
20:30 第2部開始
21:00 終了予定

※有機溶剤を使用して染色をします。
換気をしながら行いますが、特有のにおいがあります。

▼チケットはこちらよりご購入ください。
(チケットの発送はございません。受付時にお名前をお伝えください)
※イベントの受付は終了しております。

#タグ

関連の記事

Follow Me!