疲れない靴 その2

学生の頃から、歩いていないと、なかなか考えがまとまりません。
考えをまとめるために、何時間も歩き続けることもあります。
そんな私なので、靴は重要アイテムです。
歩き続けても疲れない靴。そんな靴を選んでいます。

最近、暖かくなってきたので、朝の散歩を再開しました。
いつもは歩かない道を散歩していると、いつもは気づかないものに気づいたりします。
今朝、目についたのは地元の歴史が紹介されている立て看板。
1年前に引っ越してきたばかりなので、まだまだ知らないことが多くワクワクします。

ファクトリエのスニーカー。
もともとブラックを愛用していましたが、ついに最近ホワイトも購入してしまいました。
疲れないので、本当におすすめです。

▼Factelier by madras 「レザースニーカー」


ものがたりを知ると、風景は変わる

ファクトリエにかかわってから、いろいろなものの背景にある“ものがたり”に目が留まるようになりました。
商品のものがたり、人のものがたり、そして、地域のものがたり。
ものがたりを知ると、いつもの風景が全然違うものに見えてきます。

私がいま住んでいる地域は、もともと大名屋敷だった場所。
中国地方のとある藩のお殿様が住んでいた広大な敷地。
その敷地が民間に開放されて、いまの町になっているそうです。

いつも娘を連れて行っている公園はお屋敷のこの部分。
お世話になっている子育て支援センターはお屋敷のこの部分。
そして、子供たちが通う予定の小学校の名前は藩校と同じ。
などなど、発見は尽きません。

歴史を知って、ますます、この町が好きになりました。
まだ行ったことがない、中国地方にあるお殿様の地元のことも。
散歩するたびに、愛着を感じるものが増え、積み重なっていく予感がします。

#タグ

関連の記事

Follow Me!